【maricuru花嫁ラボ】心あたたまる、本当にあった結婚式前夜ストーリー♡

明日は待ちに待った結婚式。家族や友人と過ごす方もいれば、準備に追われて忙しかったなど、いろんな夫婦のかたちがあるように、結婚式前夜の過ごし方も様々。

 

そんな結婚式前夜に本当にあった素敵なエピソードをご紹介いたします♡

 

私達の住まいは大阪なのですが、結婚式は主人の家族が住んでいる鳥取県の『ラ・メゾン・ド・ブランシュ』で挙げました。電車で向かうには、始発だとしても挙式に間に合わない時間でしたので、私達はもちろん、出席してくれる家族やゲストも全員現地へ前乗りしました。

 

現地へはそれぞれのグループに分かれて移動し、私は父、母、弟と向かいました。
大人になるとなかなか家族とゆっくり過ごしたり話す機会が減ってしまうので、
家族水入らず旅行気分を味わいながら、他愛もない会話をして家族の時間を過ごすことができました。
他のグループからの移動中の動画や写真も送られてきたりして、別ルートではあるものの、改めてつながりを感じ、明日に控えた結婚式がより楽しみになりました。

 

到着後は旅館で家族と食事会をしたのですが、実はこの日、私の母の誕生日だったんです。
私は以前より、主人から「お義母さんにプレゼントをサプライズで用意したい」と相談されており、二人でたくさん悩んだ結果、長く使えるバッグを用意しました。
プレゼントは主人から渡してもらったのですが、母があんなに喜んだ姿を見たのは久しぶりで、「やっと親孝行ができたかな」と安心すると同時に、「この人と結婚できて良かった」と実感した瞬間でした。

 

その後は、新郎側ゲストの集まりのころへ顔を出し、その次は新婦側ゲストの集まりのところへ顔を出し、家族、ゲスト全員にお祝いしていただき本当に幸せな時間を過ごすことができました。
結婚式当日は落ち着いて話したりできないと思ったので、「来てくれてありがとう」の気持ちを直接伝えたくそれぞれのところへ会いに行きました。

とてもハードな前夜でしたが、締めくくりには温泉に浸かることができ、睡眠もしっかりとれたので、結婚式当日は心も体も万全な状態で楽しむことができました。

 

 

ずっと憧れていたミラコスタでの結婚式前日、主人の家族がミラコスタに泊まることになっていたこともあり、浦安にあるイタリアンのお店で家族10人ほど集まって食事をしました。

結婚式でキャラクターが登場するというのがミラコスタならではの演出。
家族やゲストにとっても貴重な経験ができることもあり、食事中は「どのキャラクターが出てくるの?」や、「どのタイミングで出てくるの?」とディズニーの話題でもちきり。

 

キャラクターは教えましたが、全部を教えてしまったら楽しみがなくなってしまうので、出てくるタイミングは内緒にしました。
そんな和気あいあいとした食事会ですが、私にはもう一つ緊張することが。
実は主人の妹さんとはこの日が初顔合わせだったのです。
とてもかわいらしい印象で、実際にお話してみると、歳が近いこともありとっても話しやすくすぐに仲良くなれました。

結婚式当日に顔合わせだとゆっくり話す時間はないので、前日に会うことができて本当に良かったと思いました。

 

この日は搬入もあったので、大きな袋を3つ持ってミラコスタへ向かいました。
その時、ある花嫁さんとすれ違いました。
「私も明日ドレスを着て花嫁になるんだな〜」と改めて実感すると同時に、明日を迎えたら卒花になるのか、、と少し寂しい気持ちもありましたが、当日の朝は開園前のディズニーシーで前撮りがあるため早めにホテルに戻りました。

主人と二人で部屋でゆっくりご飯を食べ、結婚式のために購入したHACCIでコンディションを整えて布団に入りました。
とても充実した前夜だったこともあり、嬉しさや楽しみ、結婚式の緊張がありなかなか寝つけませんでしたが、ホテルに前泊したからこそ、家族や主人とまったり過ごすことができました。

昔は実家で過ごすという方も多かったようですが、最近では式場近くのホテルや旅館に前泊して、家族や友人、二人だけの時間をつくることで、より結婚式へのモチベーションを高める人も多いようです。

 

これから結婚式を迎える花嫁さんもぜひ、素敵な結婚式前夜を過ごしてくださいね♡

 

go backニュース一覧へ