【maricuru花嫁ラボ】心に残る雨の日の結婚式エピソード♡

この日のために準備も頑張ってきたし、あとは当日を迎えるだけ♡

そんな結婚式直前の花嫁さんが気になるのは当日の天候ですよね。

 

チャペルの自然光や、お庭での演出、フラワーシャワーなど、晴れの日を信じて用意してきたものばかりだし、何より遠方から来てくれるゲストのためにも晴れてほしいと願うのは当然だと思います。

 

しかし、雨の日の結婚式でも、とっても素敵な結婚式を迎えている先輩花嫁さんもたくさんいらっしゃいますので、エピソードをご紹介します♡

私達の結婚式の日の天気予報はずっと雨で、当日も予報では挙式のタイミングで雨雲がかかっていました。
そのため、予定していたガーデン挙式をあきらめ、チャペル挙式に変更しました。
ガーデン挙式をしたくて選んだ式場だったのでとっても悔しかったです。
しかし当日、挙式が終わると、なんと晴れ間が見えていました!
おかげで1番こだわりのあったフラワーシャワー、バルーンリリースの時は晴れてくれました♡
ゲストからは、「ずっと降水確率90〜100%だったのにここだけ晴れるなんて奇跡!!」
「令和初日でこんなことが起きるなんて絶対忘れない!!」
「神様からのプレゼントだね」と祝福の言葉と同時に喜びの言葉もいただき、ゲストにとっても、私達にとっても忘れられない日になりました♡
また、私の場合はガーデン挙式、フラワーシャワー、バルーンリリース、デザートビュッフェとやりたいことが盛りだくさんだったこともあり、もしできなければきっと悔しかったと思うので、わずか30分程度の短い時間の晴れ間でも、奇跡的に晴れてくれたことで素敵な結婚式になったので本当に良かったです♡
私達の結婚式の日はずっと晴れ予報でしたが、2、3日前から急に雨予報に変わってしまいました。
最初はすごく落ち込みましたが、「雨の日の結婚式はふたりに幸運をもたらす」という素敵なジンクスを知り、雨の日の結婚式がとても神聖なものに感じるようになりました。
当初はガーデンで行う予定だった演出も、当日慌ただしくならないよう前日に雨用のセッティングに変更し、ウェルカムスピーチも雨の日のジンクスについてお話をしました。
雨用のセッティングの中でも、ゲストの方々が来られた時に使っていただけるように、入り口にタオルのアメニティを急遽用意したのですが、スタッフの皆様のご協力のおかげで全く違和感がない状態でゲストをお迎えすることができ、ゲストの方々もとても喜んでくださっていました!
雨のおかげで素敵なジンクスも叶えることができ、雨の日ならではのおもてなしでゲストをお迎えできたので、私達にとっても素敵な結婚式になりました。
そして、今でも結婚式の日に雨が降って良かったと心から思っています♡

まとめ

大切な結婚式だからこそ、晴れてくれるのが一番良いとは思いますが、

実は日本にはさまざまなジンクスがあります。

 

幸運をもたらす他にも、「雨に乗って天使が舞い降りてくる」や、「神様が新郎新婦の一生分の涙をかわりに流してくれる」というジンクスもあります。

 

そして日本以外にも世界中で雨の日の結婚式に関する素敵なジンクスがあるので、そういったものも調べておくと、いざ当日雨が降ってしまったとしても、気持ちは晴れるはず♪

 

天候に関係なく、先輩花嫁さんたちのような一生忘れられない日になる結婚式を迎えてくださいね♡

go backニュース一覧へ